『適切なクラブの規模』 -交際クラブ比較情報館-

交際クラブ・デートクラブでは、「質」という言葉をよく目にします。この質というものは女性に対して使われることが一般的です。しかし、実は女性の質も含めどれだけクラブ側が細かく丁寧な仕事が出来ているかということが、クラブ全体を含めて「質」というものに繋がっていきます。この質というものは、どれだけクラブのサービスやケアが手厚いかということよりも、クラブ自体の体制や体質といった部分に対しての「質」となってくるのでしょう。

交際クラブ比較情報館 TOP  ・利用上の注意点  ・愛人って作れるの?  ・入会金について  ・紹介料について
交際クラブを知る理由  ・適切なクラブの規模  ・ウェブサイトの重要性  ・スカウトについて  ・適切なクラブの規模

『適切なクラブの規模』クラブの規模から分かる質。


多くの交際クラブは少人数制を置いているクラブが多い。

単純にクラブの回転数の問題もあると思うが、ある程度大きい規模になるとスタッフ人数は非常に大切になってくるだろう。

昨今、膨大に膨れ上がったクラブ会員の弊害か全く連絡が取れなくなったクラブがあったと聞いたことがある。

おそらくは、電話とメールでの窓口の内、メールでの問い合わせが機能しなくなったのだろう。

電話であれば、通信状況の有無は割と確認がし易い。しかしメールは届いたか確認されたかが確認が難しい。

特に、更新や入会といったことに関しては、事務が順を追って処理することが予想される。

この量が積もり積もって山となり、遅れるもしくは処理されないまま放置となる。


多くの場合、単純にスタッフの数が足りないのだ。

交際クラブは大小様々だがクラブ規模からスタッフ人数を計算することは容易い。

例えば、一月に100万円を稼ぐクラブであれば2人程度、300万なら5人程度だろう。

アバウトだがここには根拠がある。交際クラブでの仕事内容を考えてしまえば単純だ。

・面談男性担当
・面談女性担当
・事務手続き
・電話番
・メール番
・セッティング担当
・ネット関係

大きく分けるとこれらになるはずだ。


それなりに成り立ってはいるが、あまり利用者のいない弱小クラブであれば、2人もいればこと足りるだろう。

しかし、もしも2人のスタッフが互いに男女面談対応などで席を外すとどうだろうか?

1時間程度の時間は誰も対応者がいなくなる状況が生まれる。

それなりにスケジューリングを徹底しなければ、コントロールは難しいだろう。

そして、この状態でそれなりに電話問い合わせが来るくらい活発なクラブであれば、さらに万全の体制が求められる。

ここに、新規顧客確保のウェブ対策やクラブサイト管理なども重要と考えてしまうと、

最小限度のスタッフ構成でも3~4人は必要になる。


例えば、セッティング料が5万であれば、1日に1件のセッティング受注でも月150万だ。

1日に1件の連絡しかないのであれば、会員30名セッティング30件で担当は1人で容易いかもしれない。

しかし、当然ながら当日のセッティング受注というわけではないだろうことは予想される為、

担当者は1日に何人かの男女会員とのやり取りが求められる。

これでは、手が塞がってしまい、実際に事務方の運営には関われないだろう。


内営業の規模や手間が大きくなればなるほど、クラブの忙しさは増えてくる。

安いクラブであれば、処理する量は倍になってくることが予想される。

これでは、スタッフの人数が少ないクラブの快適度は当然低いだろう。

メールを送っても、直ぐに返って来ることなどは期待をしてはいけない。

つまり、それなりに規模のある人気トップ10程度のクラブは、10人ないしそれ以上のスタッフが居て当然である。

このような状況ならば、クラブ内の質は非常に良いだろう。

200人以上の男性会員がいるクラブでは、50名につきスタッフ1人、事務局スタッフ5人程度は必要だろう。


大手有力クラブは会員数が日本一といわれている。会員が何百名と居るとすれば、

しっかりと、10~20名のスタッフが居るかが非常に気になるとともに、クラブの質も判断出来てしまうかもしれない。