『交際クラブを知る理由』 -交際クラブ比較情報館-

交際クラブ・デートクラブは一般的には世間に全く知られていない業界です。普通に考えると知らないまま生きていく人が多いのでは無いでしょうか。では、一体どのようにしてこの業界の情報を知り、クラブに入会をしていくに至るのでしょうか。その理由・要因を考えて行きたいと思います。この疑問点を少しでも解決できたらと思います。

交際クラブ比較情報館 TOP  ・利用上の注意点  ・愛人って作れるの?  ・入会金について  ・紹介料について
交際クラブを知る理由  ・クラブの質について  ・ウェブサイトの重要性  ・スカウトについて  ・適切なクラブの規模

『交際クラブを知る理由』きっかけを考える。


交際クラブをまず利用したいと考えた時、皆さんはどのようにしてクラブを選びますか。

または、どのようなきっかけで「交際クラブ」にたどり着くのでしょうか。

まず、交際クラブというものは、そのもの自体の存在を知らなければ絶対に足を踏み入れることは無い業界です。


世の中にオープンに公表公開されているものの中で、関わる機会が極端に少ない世界であることは言うまでもありません。

この業界は、近いものでは「結婚相談所・出会い系サイト」と勘違いされることも多いでしょう。

当然、そのような近い知識から、交際クラブをイメージしてしまうことも分かります。

しかし、決して風俗や水商売などのジャンルに近いものではありませんし、出会い系サイトなどとも違うのです。


動物で例えるならば、「イルカ・シャチ・サメ」くらい違うものなのです。

上記の動物であれば、『海』という同じ環境に身を置いているでしょう。ですが生き方は全く違うことが分かるはずです。

見た目の近さやイメージで考えると納得がいきますが、それぞれの業界のものとは全く違うものなのです。


では、どのようにして交際クラブを知るきっかけに至るのかを考えます。

1.インターネットで検索をしていて、たまたま知る。
2.本や新聞を見て知る。
3.友人や知人から聞いて知る。
4.テレビなどのメディアを通して知る。

ここでは、4つのきっかけを挙げましたが、実際にはこの4パターン以外に知るすべはほぼありません。

そこには大きな理由があります。

交際クラブという業界は、一部の地域を除き法律が定められております。

また、一番の問題となることが、一般的に公序の良俗に反するような表記・表現は避けなければならないということです。

当然、こういった業界のそれなりに深い話を、真面目に本や新聞で説明したり、
テレビなどのメディアに取り上げてもらうことはできません。

ルール・マナーではなくモラルが求められる部分が大きいことは、言うまでもありません。

交際クラブ自体からの発信で、メディアに取り上げてもらうということは言語道断です。

そして、それらは実際に『東京都デートクラブ条例』によって規制されているのです。

つまり現実的には、インターネットと一部の週刊誌や新聞広告・人伝え以外に知るすべは皆無なのです。

極まれに、テレビで取り上げられることはあっても、ぼんやりとしたイメージでしか説明はされません。

それら様々な場面で、印象に残ることとして「交際クラブ」というものが残り、

結果として最終的にインターネットの検索に繋がることで、
交際クラブの各クラブのホームページへとたどり着くことが出来るのです。


しかし、交際クラブの業界の歴史は長いです。

インターネット等の情報収集手段があまり無かった10年以上前から、存在していたのです。

では、その時代にはどのような交際クラブが存在していたのかと考えると、

紹介でしか入会できない・知ることの出来ない秘密のクラブであったことは間違いありません。

当然ながら、一般人には知る由もない世界であり、世のVIPの人間の中での秘密のサークルのようなものだったでしょう。

そこには有名人もいれば、政治家もいたかもしれません。

こういった歴史があれば、今現在、東京都で条例が定められていてもその厳しさに不思議はありません。

個人情報がどこから漏れてしまうか分からない世界を、モラルを振りかざし規制したエリート達がいたのでしょう。

しかし、それだけでは噂や実態の分からないイメージの世界でしかない為に、規制も不要ではないかと考えてしまいますが、

実際にそこで行われるであろう男女のやり取りを考えると、公に出来ない、出てこないことは言うまでもありません。

また、権力のある男性側のものだけではなく、
必然的に相手となる女性も含めて互いのプライバシーの尊重と規制をする必要があったのかもしれません。

ですが、万が一、スキャンダル的な事件が起きたとしても、その業界自体の認知度が低ければ大きな話題にはなりません。

それが、昨今の交際クラブの規制による認知度の低さに繋がっていることはいうまでもないでしょう。

2013年に、連続不振死事件が起きた際にも、犯人が発した「デートクラブ」という言葉が持ち上げられました。

世の中では聞いたことも無い単語に、急激にウェブ検索が増えたことは間違いないでしょう。

しかしながら、ウェブ検索をしたところで、交際クラブ業界の内情が分かる暴露話などの情報が出てくるはずもなく、

各クラブサイトやポータルサイトを見に行くだけで終わったのではないでしょうか。


このように、どこかで耳にしたり目にしたりしなければ、出会うことがない世界なのです。

それでも、ネットでたどり着ける人は、おそらく風俗や出会い系サイトの広告ウェブサイトからの紹介でしょう。

交際クラブ業界をその他の業界と一緒くたに捉えることは、誤りではありますが、
こういった部分からでないと、知るすべは皆無なのです。