『利用上の注意について』 -交際クラブ比較情報館-

交際・デートクラブを始めようと思っている、そこのアナタ!交際クラブってどういうものかご存知ですか?
一般的には、殆ど知名度が無い業界なだけに、調べてもあまり具体的な情報はありませんよね?
そんな皆さんに、分かりやすく『交際クラブとは?』『デートクラブとは?』について1からご説明いたします。
このサイトを見て、交際・デートクラブのことを基本から理解しておきましょう。

HOME  ・利用上の注意点  ・愛人って作れるの?  ・入会金について  ・紹介料について
交際クラブを知る理由  ・クラブの質について  ・ウェブサイトの重要性  ・スカウトについて  ・適切なクラブの規模

『交際クラブ・デートクラブでの注意』セッティングまでのやり取り。


交際クラブ・デートクラブを利用する際に、気をつけなければならないことがいくつかあります。
その殆どが、セッティングオファーまでのやり取りであると言ってしまって良いでしょう。

実際の問題として、クラブ側のいい加減さが招くトラブルも多い場合があります。

『会員ページの実態』古いページは死んでいる。


新たなセッティングの際に、多くの利用者会員は、沢山の会員ページを閲覧すると思います。
当然、新規登録も増えているので、会員ページは日々、更新されているでしょう。
では、以前からある古いページに関しては、皆様はどのようにお考えになりますか?

新しい会員ページは、日々増えていきますが、古い会員ページは消えて行きません。
古い会員ページは並べ替えも行われず、実質的には放置されている状態なのです。

『セッティングオファーの可否』本当にセッティングが可能なのか。


多くの倶楽部では、会員情報の閲覧ページは100ページを超えているでしょう。
しかし、実際に紹介が可能な会員ページは、15%程度しか残っていないと考えて間違いではないです。

会員登録が新しければ、順番的に会員ページでは目立つことが出来ます。
しかし、日々増えて行く会員ページの性質上、古い会員情報ページは徐々に目立たない場所に移っていくこととなります。
当然、オファー連絡の機会もほぼ無いという状況が存在していき、放置されていくことなります。

つまり、古いページになればなるほど、連絡が滞っておりセッティング出来る可能性は非常に低いのです。
では、倶楽部側がこまめに会員と連絡を取り、生存を確認していると思いますか?

そんなことは、一切していないのが現状です。

『累計女性会員数の罠』登録女性の多さにメリットはない。


倶楽部選びの段階から注目されてしまう要素の一つに、累計女性会員登録数があります。
客観的考えると、倶楽部側の女性集客の能力を測ることが出来る、一つの目安にはなっていると思います。

登録をする女性側の視点から見れば、人気はあっても、競争率の多さが懸念されるのではないでしょうか。
そうなると、それを補えるだけの男性会員数があれば、一般的には何も問題は無いように感じるかもしれません。
しかし、残念ながら倶楽部に登録されている男性会員の数は女性より圧倒的に非常に少ないのです。

それらの悪循環から、増え続けるだけの女性会員ページは、放置され腐敗していき、自然と連絡は取れなくなっていきます。
故に、女性会員登録数の多さや会員ページの多さは、リスクの高さにも繋がると考えられるでしょう。

『交際クラブ・デートクラブに絶対はない。』トラブルはつきものです。


交際・デートクラブを利用した際に、起こりえるトラブルとしては、
セッティング当日に、女性が現れないという状況のセッティングトラブルが多いでしょう。

冷静に考えてみてください。倶楽部側がずさんな運営をしてると思いますか?
答えは"NO"です。女性にセッティングを取り付け、前日や当日の確認も細かく行われています。
それでも、トラブルは起きます。当日に来ない女性は来ないのです。ひどい話です。

では、このような状況になった場合、責任の所在はどこにあるのでしょうか。
倶楽部側は、法令順守の範囲内で決められたやり取りを坦々としているにすぎません。つまり、悪いのは女性です。
最終的には「女性を選ぶ段階で、男性自身に見る目が無かった。」ということに尽きるのではないでしょうか。
運がないと納得することが出来るかどうかが、利用の向き不向きに繋がっていきます。

『セッティングトラブル後の考え方』気持ちの切り替え。


私も経験が有りますが、セッティングトラブルは、いつかは必ず起きてしまいます。
どんなに完璧なスケジューリングをしても、寝坊をしただけで全てが流れてしまうでしょう。

当たり前といえば当たりまえですが、いついかなる時にそのような状況になるかも分かりません。
「当然、こういうこともある」というスタンスを常に持って置きましょう。

また、もし起きてしまった場合、誰を責めてもいけません。
女性も乗り気ではなかったり、体調面の急変もあるかもしれません。

「そういう事情もあるかも知れない」と自然と考えることが出来れば、大したことではないですよね?
男性も、腹痛などでどうしても駆けつけられない、といったことがあるかもしれません。

「倶楽部の管理が悪い」なんて思ってしまうこともあるでしょう。しかし、それはどこでも起こりうることです。
誰でも、常に完璧というわけでは無いのです。

『セッティングは時間厳守』セッティングは男性中心。


セッティング当日、待ち合わせに遅刻してしまうというケースがあります。
大概の場合、男性会員は遅刻をしません。遅刻の殆どは女性です。

男性会員は、会社を経営していたり身分のある立場でスケジューリングも上手く、自由も利くのでしょう。
何よりも出会うことを楽しみにしていることと、男性という立場上、遅刻は出来ないのでしょう。

『楽しみにしているなら待ってくれているだろう』と考える女性は非常にナンセンスです。
高級会員制倶楽部を利用する男性は、普通の男性ではありません。しっかりとした一流の常識人です。

余程、男性が女性を立ててくれない限りは、女性の遅刻は許されません。
セッティングを決める時点で、その日その場所のその時間に約束ができるのかということがセッティングです。

お食事デートのみのお約束だった場合、男性は女性の顔も見ずに帰ってしまうことも多いです。

『ドタキャンはダメ、絶対!』突然のキャンセルはしてはいけない。


女性会員に知っておいて欲しいことは、突然のキャンセルは絶対にしないで欲しいということです。
これは、男性会員をガッカリさせるとともに、倶楽部側を困らせる行為だからです。

しかし、本当の理由は簡単です。「時間やプロセス」または「期待」なんてモノではありません。
答えは『お金』なのです。

冷静に考えてみて下さい。友人知人と待ち合わせて食事に行くわけではありません。
男性は、アポイントを取りつけ、レストランやホテルを予約しています。

女性は、行かないだけでその日はリセットできるかもしれません。
しかし、男性は会えなかっただけではなく、多くの損失をしているのです。

しかも、倶楽部が悪い訳ではないでしょうから、非常に理不尽です。
倶楽部も申し訳程度に、無料補填等をすることしかできないでしょう。

こういったことから、利用規約も厳しく、制限も多いのです。
悪質なケースになると、法的な措置を被る可能性があることを覚えておきましょう。

『セッティングオファーの常識』声をかける時点で勝負は始まっている。


セッティングに際して、皆さんは紹介後に何を考えますか?
おそらく誰もが、より良い時間を過ごそうと考えているはずです。

実際は、会った時点で全ての流れが読めてしまっていることもあるのです。
その重要な点が、「オファー段階でのやり取り」です。スタッフが細かく要望を伝達仲介してくれていますよね。
しかし、日時・時間・待ち合わせ場所といったやり取りを細かく行っているとモチベーションはあがるでしょうか?

これは男性だけでなく女性にも言えます。オファー要求に対して。OKやNOだけの回答では、両者ともに疲れてしまいます。
ですので、お互いにスムーズにやり取りができるように、「○月△日☆時間◎のエリアで」と希望をだすべきなのです。
そうでなければ、メール1通の返信が6時間とした場合、セッティング前1週間以上の時間的余裕が必要となります。
そんなことをしたらモチベーションがあがりますか?キャンセルにも繋がるのではないでしょうか?

『会員登録の常識』会員登録の時点で勝負はついている?


女性の会員登録者で、男性からのオファーの期待に胸を躍らせている人は多いのですよね?
当然、いつ声がかかるかは分からないものです。今この瞬間にも連絡があるかもしれません。

しかし実際は、かなりの確立で声のかからない女性が多いのです。

頭の良い方ならばすぐに分かると思いますが、交際クラブ・デートクラブでは会員にランク方式があります。
つまり、女性のステータスやスペックによって紹介に至る、ハードルが変わってくるのです。
しかし、これは差別的で酷いことではなく、単純に女性の個性や特徴を見て、区別をしているにすぎません。

では、大きくランク別けされる要素はどこなのでしょうか?非常に気になりますよね。

実は、これは女性の身形や容姿で決まっているわけではないのです。
殆どが、登録面談時の振る舞いや姿勢、お化粧の具合や服装センスなどできまります。
登録面談は、男性のセッティングと同じです。今ある状態のもので登録をしていくからなのです。

『登録写真の重要性』撮影しに行く必要はあるの?


女性が会員登録をする際に、クラブ側から求められるものに、写真があります。
倶楽部ごとの登録の方法にもよりますが、基本的にどこの倶楽部でも写真は必要となってきます。

倶楽部スタッフに仮の写真を撮ってもらい登録写真にする場合もあるでしょうし、
スタッフと一緒にスタジオに写真を撮りにいく場合もあります。

またご自信で写真を撮りに行き、倶楽部に写真を送る場合もあるでしょう。

しかし、写真が用意できなければ必ず登録できないということでもないので、
かなりの割合の女性は写真を撮りに行かないのではないでしょうか

これは、非常に大きな間違いなのです。

写真は、綺麗な姿を男性会員に見せる為ものではなく、写真を撮っていない女性よりも目立つ為に必要なのです。
男性が女性プロフィールを閲覧する際には、写真を撮影していない女性は男性の目にもとまらないと覚えておきましょう。